進学や就職の対策

生徒

進学するときや就職するときなど、人生の節目において必ず訪れるのが、試験です。入学試験や入社試験など様々な試験がありますが、その中で必ず聞かれるのが、志望動機です。その学校、会社に入りたい理由を論理的に説明する能力を身に着けることで、進学、就職がスムーズになります。また、志望動機は転職するときなどにも聞かれる場合が多いので、早いうちから対策を行い、きちんと言えるように訓練しておきましょう。志望動機を考えるにあたって大切なことは、自分の気持ちを相手に的確に伝える、ということを忘れないことです。自分の中での熱い思いがあっても、それがきちんと相手に伝わらないことには、意味がありません。そしてしっかりと相手に気持ちを伝えるためには、論理的思考が重要です。なぜこう思うか、その結果どうしたいか、どのようなことをしたいか、という具体的なことを、出来るだけ分かりやすくまとめるという能力が最も重要となります。その能力を培うためには、まずは文章を書いてみましょう。読みやすく、説得力のある文章を書くということは意外と難しいものです。小論文などを通して文章を作る、説得力のある文にする、という基本的な能力を高めておきましょう。ある程度慣れてきたら、志望動機を考えます。相手に伝える、ということを忘れないよう、しっかりと考えて準備するようにしましょう。説得力のある志望動機を作ることで、その後の人生が大きく変わるかもしれません。