論理的思考力を鍛える

勉強道具

受験で大切な科目

中学受験は、ほとんどの学校で算数と国語と社会と理科の4科目で行われます。例外的に、国語と算数の2科目の学校や、関西では社会だけがない3科目の学校もあります。しかし、算数は必ず入試科目に含まれます。しかも、算数は社会や理科に比べて配点が高めで、配点が同じの国語と比べても受験者の間で点差がつきやすい科目です。つまり、中学受験において最大の重要科目です。算数が苦手では、中学受験で成功することは困難です。では、どうすれば算数を得意科目にできるでしょうか。もともと数字が好きで理系的な脳が発達している子ならば、それほど問題ありません。しかし、特に女の子にありがちなのが、数字や理系的な思考力が苦手というパターンです。しかし、最初の時点で苦手でも心配する必要はありません。中学受験で求められる算数は、まずは計算力です。どんなに偏差値が高いと言われている学校の問題でも、計算力は必ず求められます。平易な問題を絶対にミスなく正解を出せるようになることが、上達の第一歩です。それができるようになれば、次は簡単な文章題から練習をします。出そうな問題の解答パターンを覚えるというやり方でも、それなりに点数は伸びます。しかし、本当の意味での思考力を鍛えた方が、算数だけでなく他の科目の上達にもつながるのです。中学生以降になっても、算数は数学と科目名を変えて勉強を続けることになります。そうであれば、早いうちから正しい勉強法を見つけることが重要です。