生徒

進学や就職の対策

志望動機は、進学や就職において必ず聞かれるものです。早めに対策を行い、準備をしておきましょう。その際には、説得力のある文章を作ることを大切にしましょう。小論文などの文章を作ってみる、ということも有効な対策方法になります。

勉強道具

論理的思考力を鍛える

中学受験において、もっとも重要科目は算数です。算数はどの学校でも配点を高めに設定してあるので、これが苦手では中学受験の成功はおぼつきません。解法を覚えるのではなく、倫理的な思考力を鍛えることが大切です。

女子学生

ao入試とその形式

ao入試とはアメリカ発祥の入試方法で日本では正確な定義がなく、それぞれの大学が独自の方法でやっています。校長先生の推薦が必要なく、学力だけでは見ることのできない熱意や意欲を見る目的があります。受かるためには様々なことを積極的にアピールすることが大切です。

ライバルのレベルが高い

勉学

丁寧に指導してもらえる

どうしても合格したい医学部があるのなら、東京の医学部予備校で勉強するのもありです。医学部予備校は東京を中心に増えている医学科や看護学科を受験する生徒だけが集まる学習塾で、従来の予備校との最大の違いは在籍している生徒のレベルの高さです。一般的な予備校にはさまざまな大学を志望している生徒が集まるため、その個々に対応しようとしてどうしてもひとり当たりへのサポートが手薄になります。一方、医学部予備校は全員がハイレベルな授業に付いて行けるだけの地力を持っており、テンポよくどんどん進んでいくためよりたくさんの知識を吸収したい人にとっては最適な学習環境だと言えます。また、同じ理由から自分自身を追い込みやすいのも東京の医学部予備校ならではです。医学部を目指している人は基本的には成績が優秀で、通っている高校では向かうところ敵なしであることが多いわけですが、医学部予備校には自分と同じかそれ以上に頭のいいライバルが集います。こういったライバルがすぐそばにいることで良い意味で自身にプレッシャーをかけられ、それが勉強に対するモチベーションへとつながります。ほかにも、東京の医学部予備校はひとクラス当たりの人数が少ないため丁寧に指導してもらえるのも魅力です。医学部を目指す生徒は全体からするとごく僅かであり、無作為に生徒を集めているところと比べると圧倒的にクラスの規模は小さくなります。クラスの人数が少なくなればその分だけ先生とコミュニケーションを取れる時間が長くなり、結果として分からない部分を着実に解決しながら勉強を進められます。